高反発マットレスを臭いの有無で比較しました

高反発マットレスの臭い

 

高反発マットレスは身体を預けて寝転がるものですから、臭いが気になるという声もあるようです。ここでは各高反発マットレスの『臭い』について比較してみたいと思います。

 

臭いについて考える時には、“素材”の違いが大きな意味を持ってきます。基本、ウレタン素材には臭いがあります。正確には、ウレタン素材そのものには臭いはありませんが、その製造過程で臭いが付いてしまうのです。

 

この点について日本ウレタン工業協会のQ&Aでは、次のように書かれています。

 

軟質ポリウレタンフォームは、臭気がすることがありますが、その臭いは何によるのですか?

軟質ポリウレタンフォームは、合成高分子(ポリウレタン樹脂)を炭酸ガス、あるいは低沸点化合物のガスによりフォーム化したものであり、樹脂自身は元来無臭のものです。しかし、ポリウレタンフォームは製造時に少量の触媒、整泡剤、必要に応じて顔料、難燃剤などが添加され、これらの一部が臭いの原因となることもあります。

軟質ポリウレタンフォームに臭いが残っている場合、人体に影響はありませんか?

軟質ポリウレタンフォームの臭いの主成分は触媒として使用されている第3級アミン類です。これはポリウレタンフォーム製造時0.05〜0.5%の濃度で添加され、製造時の熱により大半は揮発しますが一部フォーム中に残存し、これが軟質ポリウレタンフォームを開梱した時に臭いとして残っていることがあります。しかし、その濃度は非常に低いので、人体への影響はほとんどないと言えましょう。

軟質ポリウレタンフォームを使用した製品は臭いがしますか?

臭いの感じ方には個人差もありますが、軟質ポリウレタンフォームを使用した製品、例えばマットレス・枕等の場合、前述した軟質ポリウレタンフォームの臭いのみではなく、カバー材、接着剤、包装材等の他材料が組み合わさっており、これらの臭いが気になるケースが稀にあるようです。−中略−もし、臭いで違和感がある場合、風通しの良い日陰に2〜3日放置しますと、臭いはかなり低減します。

軟質ポリウレタンフォームの衛生・安全性について

日本ウレタン工業協会 Q&Aより抜粋

 

つまり、ウレタンそのものには臭いはないものの、製造時に使う薬品の臭いがウレタンの中に残ることがあるということですね。

 

ただ、その臭いにはほとんど毒性は無く、また、風通しの良い場所で陰干しすることで臭いは消えていくということです。

 

当サイトで比較対象としている10社の高反発マットレスの中で、臭いのことをホームページ上で明記しているのはモットンだけなのですが、モットンも含めてすべての高反発マットレスのメーカーに、臭いの有無について電話で確認してみました。

 

その結果は、ウレタン素材の高反発マットレスについては上に書いた日本ウレタン工業協会のQ&Aの内容が全てあてはまる回答でした。

 

また繊維素材の高反発マットレスについては、臭いがない、またはお客様から臭いに関するお問い合わせをいただいたことはないという回答でした。以下、個別に見ていきましょう。

 

ウレタン素材の高反発マットレス

まずはウレタン素材の高反発マットレスについてみていきましょう。

 

モットン

モットンの場合はホームページ上で、『ウレタンフォームの臭いが気になるという問合せが多いため、ウレタンフォームに竹炭を練り込むことで消臭力をアップさせた』と書かれています。

 

またQ&Aでは、

匂いはありますか?

新品のウレタンフォームは匂いがする場合がございます。その際は、風通しの良い場所で陰干しして湿気を良く乾燥させると、気にならなくなると思います。その後、匂う事はございません。

と明記されています。

 

さらに重ねて電話で質問したところ、次のような回答をいただきました。

 

『モットンに使用されるウレタンフォームの性質上、生産過程で臭いが発生します。生産完了後1週間以上風通しの良い場所で保管した後に梱包していますが、ウレタンが持つ新品の臭いについては完全に無臭になる事はありません。

 

商品到着後、風通しの良い場所で陰干しして湿気を良く乾燥させると、時間の経過によって弱まっていきます』

 

日本ウレタン工業協会のQ&Aとも合致する内容の回答ですね。

 

マニフレックス

『開封したときに若干臭いはありますが、風通しのよいところで陰干しすれば臭いは消えていきます』との回答でした。

 

ドルメオ

マニフレックスと全く同じ回答でした。

 

セルプールEX

『開封したときにウレタンの臭いはありますが、気にならない程度だと考えます』

 

ボナノッテ

『ウレタンの臭いはありますが、陰干ししてもらえば抜けていきます』

 

以上がウレタン素材の高反発マットレスの臭いに関するメーカーの回答内容です。

 

ひとつ注意しないといけないのは、新品の時の臭いもそうですが、ウレタンの臭いというのは、ウレタンの発砲している穴の部分についています。

 

だから風通しのいい場所で陰干しすることで臭いが抜けていくわけですが、陰干し等のお手入れをサボっていると、こんどは湿気などが発砲部分にたまり、その湿気についた汗などの臭いがするようになるということです。

 

最初のウレタン臭が抜けたからと言って陰干しなどのお手入れを怠っていると、別の臭いが発生することになるということですね。また、ウレタン素材の耐久性への悪影響ということもあります。

 

お手入れということではすべての高反発マットレスに言えることかもわかりませんが、ウレタン素材の場合は特に上記の点には注意してくださいね。

 

繊維素材の高反発マットレス

次に繊維素材の高反発マットレスですが、こちらは以下の商品、

 

エアロコア

エアウィーヴ

エアリーマットレス

トゥルースリーパーcero

 

についてすべて同じ回答で、

 

『臭いは無いと考えます。お客様から臭いに関するお問い合わせをいただいたことはありません』

 

というものでした。

 

最後にマイティトップUとロレーヌダウンのリバーシブル仕様になっている雲のやすらぎですが、回答は次の通りでした。

 

『雲のやすらぎは、防ダニ・抗菌防臭加工のされた中綿を使用しており、感じ方に個人差はあるかもしれませんが、特に臭いはございませんのでご安心ください。

 

ただ、使用しているうちに、中に湿気がこもることによって臭いが出てくる可能性もございますので、週1回程度天日干しをしていただいたり、こまめに壁にたてかける形で風を通していただく等のお手入れをしていただければと思います。

 

またロレーヌダウン面についても羊毛独特の動物臭が気にならないよう、良質な毛を使わせていただいているだけではなく、従来確立されていた洗浄方法よりも時間をかけて丁寧に洗浄加工しておりますので、衛生的にご利用いただけます』

 

まとめ

  1. ウレタン素材の高反発マットレスにはウレタン製造の際に付く臭いがあるが、陰干しによって抜けていく。
  2.  

  3. ポリエチレン樹脂、ポリエーテルエステル系繊維などの素材の高反発マットレスについては臭いの心配はない。
  4.  

  5. ただし、どのマットレスであっても陰干し等のお手入れは必要。お手入れをサボると汗などの臭いが付いたり、マットレスの耐久性が落ちることになる。

 

ということになりますね。

 

高反発マットレスを通気性で比較