高反発マットレスをアレルギー対策で比較しました

高反発マットレスのアレルギー対策

 

日本人の3人に1人がアレルギー症状の悩みを持っていると言われ、今や国民病とも言えるアレルギーですが、その一番の原因がダニであると考えられています。

 

ぜんそくや鼻炎の5〜8割、子どものぜんそくに至ってはは9割以上がダニが原因だと言われているんです。

 

一般的な家庭でもほこり1gに対して約300匹のダニが潜んでいると言われ、その温床になりがちな布団やマットレスには、アレルギー対策が求められています。

 

そこで、ここでは各社の高反発マットレスの『アレルギー対策』について見ていきたいと思います。

 

モットン

モットン

 

モットンの芯材に使われている素材・ウレタンは、ダニなどの害虫が発生することも住み着くこともほとんどなく、またホコリも出ない衛生的な素材です。

 

さらに取り外し可能なカバー付きなので、カバーをこまめに洗濯することで清潔さを保つことができます。

 

雲のやすらぎ

雲のやすらぎ

 

雲のやすらぎはリバーシブルになっていて、秋冬用のロレーヌダウン面と春夏用のマイティトップU面があります。

 

このマイティトップUというのは、帝人ファイバー(株)が開発した、防ダニ、防菌防臭効果をもつ中綿です。

 

社団法人 繊維評価技術協議会の抗菌防臭加工の安全基準をクリアしたSEKマークを取得している素材で、ダニに対する高い忌避効果、細菌の増殖の抑制・防臭効果、急性経口毒性試験、変異原性試験、皮膚刺激性試験など、様々な試験で安全性を確認しています。

 

ところで、それじゃあ秋冬用のロレーヌダウン面のアレルギー対策はどうなの?ということでメーカーに電話をして確かめました。その回答は、

 

『各面は季節に合わせた仕様となっています。湿度や気温が高く、カビの発生しやすい季節にご利用いただく春夏面は通気性・防ダニ・抗菌・防臭で涼しく快適に眠っていただける仕様になっています。

 

一方秋冬は寒く、空気が乾燥する季節ですので、秋冬面は温かく最適な湿度で眠っていただけるよう、ロレーヌダウンを使用しています。ロレーヌダウンは羊毛ですので動物アレルギーがご心配な方はご使用をお控えください。あくまでもお客様のご判断となります』

 

とのことでした。う〜ん、なんだかな〜…。

 

エアロコア

エアロコア

 

エアロコアの芯材の原材料は水を吸収しないポリエチレン樹脂。それを3次元状に組み合せたものなので水洗いが可能です。またアルコールなどの消毒液での洗浄も可能。

 

こうしたことから非常に清潔に保つことができ、ダニが生息しづらいという特徴から、エアロコアの芯材は日本アトピー協会から推薦品マーク承認証をもらっているんです。

 

皮膚や免疫が弱い赤ちゃん・お子さんにもピッタリですと、メーカーは胸を張っていますよ。

 

マニフレックス

マニフレックス

 

マニフレックスは、製造から廃棄処理の過程まで一切の有害物質を排出しないエコロジー製法で作られています。

 

そしてエコロジー大国で非常に高い評価のある『オコテックス スタンダード100』という、人体にも自然にも無害で低アレルギーであるということを証明する国際規格の認定を取得しているんです。

 

『オコテックス スタンダード100』はマニフレックスが人体の健康に一切無害であることの証明なんですね。

 

ドルメオ

ドルメオ

 

ドルメオも上のマニフレックスと同じ、芯材から生地、糸に至るまで製品まるごと健康を損なう有害物質を含んでいないことを保証する世界の繊維製品の厳しい国際品質基準、『エコテックス規格 100』に合格しています。

 

※『オコテックス スタンダード100』も『エコテックス規格 100』も同じものです。ここではメーカーの記載通りに記載しています。

 

このあたりは環境先進地域であるヨーロッパ(イタリア)で製造されているマットレスの特徴だと言えるのかもしれませんね。

 

さらにドルメオは、アメリカ・サニタイズ社が開発し、抗菌・防臭・防ダニ効果に優れた衛生加工『サニタイズ』を施しており、カビやバクテリアの発育、悪臭の発生を防ぐようになっています。

 

サニタイズ加工のクオリティラベルは、世界で認められた抗菌性の証明なんです。

 

エアウィーヴ

エアウィーヴ

 

エアウィーヴの芯材・airfiberは水洗い可能な素材です。お風呂場などで40℃以下のぬるま湯で流せるほか、どうしても気になる箇所があれば中性洗剤の使用もできます。

 

メーカーに電話してみたところ、

 

『カバーも芯材も洗っていただくことが可能ですので、非常に清潔に保っていただける商品です。カビやダニの心配もございません』

 

との答えでしたよ。

 

エアリーマットレス

エアリーマットレス

 

エアリーマットレスの芯材・エアロキューブもポリエーテルエステル系の極細繊維を3次元スプリング構造にした水洗い可能な素材です。

 

その点だけでも清潔に保てることが分かりますが、エアリーマットレスはさらに一般社団法人 繊維評価技術協議会の抗菌防臭加工と制菌加工の2つのSEK基準にも合格。防ダニ対策、アレルギー対策は万全だと言えるでしょう。

 

トゥルースリーパーcero

トゥルースリーパーcero

 

トゥルースリーパーceroの芯材・ナノブリッドとファイバークッションは両方とも水洗い可能な素材です。汗やほこりをいつでもきれいに洗い流すことができるため、清潔・快適な状態を保つことができますね。

 

セルプールEX

セルプールEX

 

セルプールEXの芯材は、ウレタンでありながら手洗い可能な素材。いつも清潔に保つことができます。

 

また、ランダムオープンセル構造と芯材に混ぜ込まれたテンセルパウダーにより、メーカーが“水分管理するウレタン”と胸を張るモイスチャーマネージメント機能を発揮。バクテリアが生存する可能性が非常に低いものになります。

 

さらに、マニフレックスやドルメオと同じ繊維製品の安全性を示す、『エコテックススタンダード100 class1』を取得。敏感肌の方や赤ちゃんにも安心してお使いいただける仕様となっています。

 

ボナノッテ

ボナノッテ

 

ボナノッテの公式サイトにはアレルギー対策についての記載がなかったのでメーカーに電話をして確かめました。その回答は、

 

『使用している薬剤については、各種試験においていずれも安全性が得られているものです。ボナノッテの使用によるアレルギーなどの皮膚障害の問題はないものと考えております』

 

とのことでした。きちんと安全性に対する試験をしているという点は非常に高評価ですね。

 

高反発マットレスを収納性で比較